2010年04月17日

ホワイトビーチ案断念=普天間移設、徳之島が軸に−政府(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で政府は12日、最終的な移設先として検討していた米軍ホワイトビーチ(うるま市)沖合を埋め立てる案を断念する方針を固めた。政府・与党関係者が明らかにした。今後は鹿児島県徳之島への訓練移設と、キャンプ・シュワブ陸上部(沖縄県名護市など)にヘリ離着陸帯を建設する案を組み合わせ、米側との本格交渉に入りたい考えだ。
 政府は当初、徳之島への訓練移転を進めつつ、当面はシュワブ陸上部に、最終的にはホワイトビーチにある勝連半島沖合を埋め立てた人工島に、二段階で移設することを検討していた。
 しかし、ホワイトビーチ案に対しては社民・国民新両党が反対しているほか、地元の議会や漁協の同意を取りつける見通しが立っていない。このため、実現は難しいと判断した。これに関し、与党幹部は12日、「そもそもホワイトビーチ案は一から無理だった」と指摘。政府関係者は「遠い将来の話で、今は徳之島が軸だ」と語った。
 ただ、シュワブ陸上部への移設には、名護市議会が全会一致で反対を議決。徳之島でも訓練移転への反発は強まっており、鳩山由紀夫首相が目指す5月末までの決着は、厳しさを増している。 

【関連ニュース】
政府・民主党、支持率続落に広がる危機感=首相「踏ん張りどころ」
米軍再編「多少の遅れも」=実務者協議、米に働き掛けへ
「米国に過剰に遠慮」=普天間移設、政府を批判
新高速料金「支離滅裂」=共産・市田氏
鳩山首相、核不拡散で貢献策表明へ=核安保サミット

<浅口市長選>元県議の栗山氏が初当選 岡山(毎日新聞)
【政策を問う】石炭エネルギーセンター 中垣喜彦会長(産経新聞)
「自民党自身が生まれ変わる」谷垣氏、党職員に異例の訓示(産経新聞)
【from Editor】ブロガーからのエール(産経新聞)
「政官業」の癒着を一刀両断=竹光を手に宣言−鳩山首相(時事通信)
posted by ワダ ツトム at 04:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

【風】「高校、義務教育ではない」(産経新聞)

 前回、3人目の出産をためらう母親の声を紹介したが、この春に双子の娘が高校に入ったという親御さんからは、切実な心情をつづったメールが寄せられた。

 《1人だけ私立になったら、2人私立になったらと内心ヒヤヒヤでしたが、無事同じ公立に合格し安心しました。授業料無償だから助かるねといわれますが、教科書や副読本、制服に体操服や入学金は現金払いで、合格発表後すぐに要ります。もちろん私立よりは安いですが、何十万円も使いました》

 子供が大勢いれば、親の負担はさらに重くなる。4人の子宝に恵まれ、上の2人が私立と公立の高校に在学中という広島県の女性(40)は、《この不景気に、親はどうすればいいのか途方に暮れている。高校無償化はありがたいです》とし、《高校の無償化は、今の子供への国からの投資だと考えることはできないのでしょうか》と提起する。

 《いずれ子供たちは大人になり、税金を支払います。それで、高校無償化にしてもらったのを返していく、と考えていただけるとありがたいです》

 この女性は半面、《この先、必ず税金は上がるはず》とも予測している。高校授業料無償化は、国民の負担増加という観点からも考えなければならないだろう。

 一方、母子家庭で育ち、4人きょうだいの末っ子だった女性(28)からは、こんなメールが寄せられた。

 《家は貧しく生活保護を受けていて、家庭の事情を知っていたので、私は奨学金制度を利用して高校に進学しました。全額返納に10年かかりましたが、自分で選んで高校へ入ったので、家計を助けるために奨学金を借り、自分で返しました》

 その上で、女性は訴える。《アルバイトもできる年齢ですし、奨学金も借りられる。本当に学びたいなら自分で考えて高校に進学します。義務教育ではないし、中退ができる高校を無償化しては税金の無駄遣いです》

 大半が進学するとはいえ、高校はあくまで義務教育ではない。教育費の問題を突き詰めると、改めて「行くことの意味」が問われるようにも思う。(健)

知事公用車「センチュリー」、ネット売却へ(読売新聞)
3邦人死刑に懸念=社国幹事長(時事通信)
商品にカッターの刃 都内のローソン4店舗(産経新聞)
新党名「たちあがれ日本」で調整=「平沼新党」(時事通信)
両陛下、ヨルダン国王と昼食会(産経新聞)
posted by ワダ ツトム at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。