2010年02月12日

<タミフル>副作用不認定 医薬品機構側が勝訴 岐阜地裁(毎日新聞)

 04年にインフルエンザ治療薬「タミフル」服用後の異常行動で死亡した岐阜県下呂市の男子高校生(当時17歳)の父親(52)が、タミフルの副作用と認められず精神的苦痛を受けたとして、独立行政法人・医薬品医療機器総合機構を相手取り、慰謝料100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が4日、岐阜地裁であった。野村高弘裁判長は「機構に職務上の義務違反は認められず、死因の究明などに関する期待は法律上保護されない」として訴えを棄却した。

 判決によると、高校生は04年2月、タミフル服用後に自宅を飛び出し、大型トラックにはねられ死亡。機構は06年7月、遺族一時金などの支給を決めたが、タミフルの前に服用した別の薬「シンメトレル」の副作用による自殺と認定した。

【関連ニュース】
塩野義製薬:初の国産インフル治療薬を発売 点滴型
タミフル:予防投与 12歳以下にも承認
薬事法違反:容疑でタミフル輸入代行業者ら6人を逮捕
タミフル:輸入代行業者ら逮捕へ 違法広告容疑で大阪府警
薬「輸入代行」:横行 ブローカー暗躍 「偽薬」届く例も

木島容疑者逮捕 状況証拠積み重ね立件 犯行に睡眠薬「詐欺と殺人セット」(産経新聞)
性犯罪の再犯防止はどこまで可能か(産経新聞)
年金照合、2年間で4割どまり=野党は「公約違反」と批判−厚労省(時事通信)
有罪判決から65年 「長かった」 「実質無罪」に喜ぶ遺族ら 横浜事件(産経新聞)
四国電力 伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める(毎日新聞)
posted by ワダ ツトム at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。